コーヒーダイエットのやり方【基本と裏技】※リスク・注意点も

コーヒーダイエットのやり方【基本と裏技】※リスク・注意点も

 

コーヒーを飲むと痩せるって話をきいたことはありますか?

 

実は嗜好品のコーヒーにはダイエット効果があることが最近の研究でわかってきました。
普段からコーヒーを飲んでいる人なら、コーヒーを飲むだけで痩せるなんて夢のようですよね。

 

でもコーヒーダイエットは方法を間違えるとリスクもあります。
正しいコーヒーダイエットのやり方と注意点、さらに効率よく痩せるための裏技をお伝えしますね!

 

まずは基本〜どうしてコーヒーで痩せるの?〜

 

まずはコーヒーダイエットの基本「どうしてコーヒーで痩せることができるのか」について理解していただきたいと思います。

 

ちょっと面白くないかもしれませんが、なぜ痩せるのかを理解してもらったら、効率のいいコーヒーダイエットができますよ。

 

コーヒーダイエットで痩せるのには3つの理由があります。

 

カフェインで脂肪分解酵素リパーゼの働きを活発にする

コーヒーと言えばまず思いつくのが「カフェイン」です。

 

カフェインには「リパーゼ」という消化酵素を活発にする働きがあります。

 

リパーゼは主に脂肪を分解する酵素で、カフェインが含まれる飲料(コーヒー・紅茶・緑茶など)を飲むことで脂肪分解がスムーズに行われやすくなるんです。

 

クロロゲン酸で脂肪の吸収を抑え分解しやすくする

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールも含まれています。

 

カフェインでのダイエット効果よりもこのクロロゲン酸の作用がコーヒーダイエットの主要素なのではないかともいわれているくらい、このクロロゲン酸もダイエットにいい成分なんです。

 

「クロロゲン酸」にもリパーゼのように脂肪を分解しやすくする、という作用があります。

 

さらにそれだけではなく、脂肪を吸収させにくくするという作用もあるんです。

 

脂肪を体に取り入れなくして、体から出そうとするなんて、まさにダイエット向き!

 

さらにポリフェノール効果も!

またご存知の方も多いと思いますが、クロロゲン酸を含む「ポリフェノール」は人体に有害な活性酸素を抑える物質です。

 

活性酸素は細胞を傷つけて老けさせてしまう原因になります。

 

コーヒーダイエットは、ポリフェノール効果で活性酸素を抑えますので、ダイエットだけではなく、美容と健康にも良いというわけなんです。

 

まだある嬉しいコーヒーダイエット作用

上記の他にもコーヒーダイエットが素晴らしいと思われる理由がいくつかあります。

 

カフェインは血行を促進することで代謝をあげることができますし、利尿作用もあり、体のむくみをとることもできます。

 

またコーヒーの香りにはリラックス作用があって、ダイエット中のストレスも軽減させてくれます。

 

正しいコーヒーダイエットのやり方

 

なぜコーヒーを飲めば痩せるのかをご理解いただいたあとは、正しいコーヒーダイエットのやり方をお伝えしますね。
コーヒーを飲んで痩せようと思ったら、次のことに注意しなければなりません。

 

ドリップコーヒーを飲む

まずコーヒーダイエットを成功させるためには、インスタントコーヒーではなくドリップコーヒーを飲むことが必要です。

 

インスタントコーヒーだとダイエットに有効な「クロロゲン酸」や「カフェイン」が減ってしまいます。

 

どうしても時間のないときはインスタントでも仕方ないですが、痩せるためにコーヒーを飲むのなら、ドリップコーヒーを選ぶようにしましょう。

 

ホットコーヒーを飲む

ダイエットのためにコーヒーを飲むのなら温度にも注意しなければいけません。

 

まず守っていただきたいのは、アイスコーヒーよりはホットコーヒーを飲むことです。
暖かい飲み物は血行を促進しますが、冷たい飲み物は内臓を冷やして代謝を悪くしてしまいます。
痩せたいのであれば、体は温めましょう。

 

お湯の温度にも注意

ただし、コーヒーダイエットの場合、お湯の温度は沸騰したてのようなものよりも80度程度のものが良いと言われています。

 

ダイエット成分「クロロゲン酸」は熱に弱く沸騰したてのアツアツのお湯では成分が壊れてしまいます。

 

沸騰したお湯を少し冷ましてからホットコーヒーをいれるようにすると効率よくクロロゲン酸を体内に取り込むことができます。

 

ブラックコーヒーを飲む

当然のことですが、ダイエットで飲む場合のコーヒーはブラックです。
お砂糖やミルクを使えばその分のカロリーが体に吸収されてしまいます。

 

お砂糖が多く含まれる缶コーヒーなどでは、ダイエットどころではありません。
お洒落なカフェのラテやフラペチーノも同様です。

 

痩せたいのなら、コーヒーはブラックで飲みましょう。
どうしてもブラックが苦手な方はお砂糖の代わりにオリゴ糖など、腸内細菌を助けて便秘を解消してくれるようなものを選ぶと良いでしょう。

 

毎食後と運動前にコーヒーを飲む

コーヒーダイエットを成功させたいのであれば、コーヒーを飲む時間も重要になります。
脂肪を分解するためには、運動をする30分程度前にコーヒーを飲むのが効果的です。

 

逆にいえば、コーヒーダイエットはただコーヒーを飲むだけではなく、コーヒーを飲んだ後に運動することで、ダイエットを成功させることができるわけです。

 

いつものように運動するよりも、コーヒーを飲んだあとのエクササイズなら、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

また運動前だけコーヒーを飲むだけでは、ダイエット目的には不十分です。
他はいつ飲めば良いのでしょうか。運動前以外にコーヒーを飲むなら食後がおすすめです。

 

食後にコーヒーを飲むことで口さみしさを解消してデザートなど甘いものを欲しい気持ちを紛らわせることができます。

 

飲む量は一日3〜4杯程度

コーヒーダイエットでコーヒーを飲むなら一日3〜4杯程度がおすすめです。

 

本来なら飲めば飲むほどダイエット効果は期待できるのですが、健康のためにカフェインの摂取目安は一日に400ml以下に抑えるべき(妊婦の場合は300ml以下)という報告があるからです。

 

コーヒー100mlに含まれるカフェインの含有量はおよそ60mlです。
ということは、およそコーヒーカップ一杯(150ml程度)なら一日に飲めるのは4杯程度までです。

 

もし紅茶やエナジードリンクなど他にもカフェインの含まれるものを飲みたいのであれば、もっと減らさなければいけません。

 

コーヒーダイエットの裏技

 

コーヒーダイエットの裏技は「バターコーヒー」です。

 

バターコーヒーダイエットってご存知ですか?
アメリカのセレブたちに人気のダイエット方法です!

 

「完全無欠コーヒー」や「防弾コーヒー」のように呼ばれることもあります。

 

内容は簡単で朝食の代わりに特別なバターとココナッツオイルを落としたコーヒーを飲む、というものです。

 

コーヒーを飲むことによるダイエット効果のほかにも朝食分のカロリーを少なくカットすることができます。

 

バターコーヒーダイエットで使われるバターは「グラスフェッドバター」と呼ばれる牧草だけで育った牛から作ったバターです。
普通のバターでは代用できませんのでご注意ください。

 

グラスフェッドバターは、通常のバターに比べるとやや割高ですが、成城石井やコストコなど輸入食材を扱うお店で手に入れることができます。アマゾンなどでも購入可能ですよ。

 

コーヒーダイエットのリスク・注意点

 

コーヒーダイエットをはじめると、飲めば飲むほど痩せるように錯覚してつい何杯もコーヒーを飲んでしまうのですが、カフェインの過剰摂取は要注意です。

 

刺激物のカフェインを多く摂取するコーヒーダイエットは妊婦さんには絶対におすすめできません。

 

妊婦さんでなくても日本人は胃腸が弱い人が多く、飲み過ぎると胃痛や吐き気など体調を壊してしまいます。

 

さらにカフェインの過剰摂取は、焦燥感や不安感などの精神症状も現れることがありますから、うつ病やパニック障害などの既往歴がある方も慎重になったほうがいいです。

 

コーヒーダイエットを成功させるには、心身ともに健康な人が正しいタイミングで正しいコーヒーの淹れ方をして正しい温度、正しいタイミングで飲まなければなりません。
ちょっと面倒です。

 

最後に

コーヒーを飲むだけで痩せる、というのはコーヒーを好きな方なら簡単で楽そうなダイエット法に思えます。
だけど簡単で楽なダイエット法など存在しません。コーヒーダイエットであっても同じです。

 

ただ飲めばいいというものではなく、飲むタイミング、コーヒーの淹れ方、などを考慮しながら、コーヒーを飲むのです。
飲むだけのコーヒーダイエットであっても、努力と継続が必要です。頑張りましょうね。

 

おまけ:コーヒーダイエット、私の場合

 

ここからはおまけとして私の体験談です。

 

私もコーヒーが大好きなのでコーヒーダイエットにチャレンジしました。
もともとコーヒー好きだし、ブラック派です。

 

コーヒー飲むだけで痩せるなんて、楽勝!!!と、思ったのですが1週間もせずに挫折してしまいました。

 

一日3杯のドリップコーヒーを淹れるのは、とても手間がかかります。
フルタイムで働く私には時間的に厳しいものがあります。

 

そしてコーヒー大好きな私は、飲むならアツアツのコーヒーが飲みたいです!
80度まで冷ましたコーヒーだなんて、そんなのはイヤ!!

 

さらに極めつけ!
飲み始めて数日で胃が痛くなりました。

 

私の場合はドリップしたカフェインたっぷりのコーヒーの飲み過ぎに耐えられるほど、丈夫な胃腸ではなかったようです。
そんなわけで私の場合、コーヒーダイエットは失敗でした。

 

せっかくコーヒーダイエットについて調べたので「クロロゲン酸」のサプリメントを飲もうかな、と思いついてサプリのことを調べてみました。

 

サプリメントならもっと手軽で胃にも優しいかな、と思ったんです。
クロロゲン酸のコーヒーサプリ、存在していましたし、バターコーヒーサプリも存在しました。

 

でも、いろいろ調べるうちに、どうせ次にトライするのなら「腸内環境を整える系」もいいな、と思い始めました。

 

どうせ飲むのなら痩せるだけじゃなくて、腸内フローラを整える系のほうが美容にも健康にもよさそうです。
次のダイエットは腸活にしようかな、なんて考えています。

関連ページ

食事を制する者はダイエットを制す!痩せる食生活の極め方
一時的ではなく、リバウンドしない”痩せる体質”を手に入れるには、痩せる食生活を始めるのがダイエットの一番の近道です。痩せる食生活を極めて、辛い運動や無理な食事制限とはサヨナラしましょう!
サラシアで痩せるって本当?効果が出ないのは飲み方が間違っているのかも!
サラシアを飲んでもなかなか痩せないのは、サラシアに効果が無いのではなくて飲み方が間違っている可能性が高いです。サラシアの本当の効果とサラシアの効果を最大限に発揮する飲み方を紹介します。